石垣島泡盛『白百合』"独特のクセのある味"を探るために池原酒造へ行ってきました

池原酒造

  • 住所:〒907-0022 沖縄県石垣市大川175
  • 電話番号:0980-82-2230
  • ホームページ:
    https://www.shirayuri-ikehara.com/
  • 工場見学:可 
    直接ホームページより予約ください
  • 代表銘柄:白百合

沖縄好き、泡盛好きなら一度は聞いたことがあるであろう石垣島の泡盛「白百合」
独特の風味、
土臭いとか、カビ臭いとか
飲んだ感想は色々

それゆえ、好きか、苦手かに分かれます。
パクチーの好みと似ているのかな?
私は、好きな泡盛銘柄のひとつです。

なぜ!?独特の風味が生まれるのか?

長年の謎に迫るため、
蔵元『池原酒造』さんへ行ってきました。

白百合

場所は
石垣島の中心地『ユーグレナモール』からも歩いて行けるほどの距離です。
駐車場もあるそうですが、試飲もできますので車を置いていく事をオススメします。

工場見学もホームページよりLINE登録して
簡単に予約ができます。
1組5名まで。だれでも見学できるそうなのでぜひ!

さあ、
「この独特の風味の秘密は何なのか!?」
工場へ潜入!

白百合
直火の蒸留器
白百合
直火の蒸留器

池原酒造さんも
石垣島の昔ながら「直火の蒸留窯」でした。
製法も全行程手作業で行っているそうです。

白百合
白百合


以前どこか噂で聞いたことあります。
「工場のタンクを洗浄したら以前の臭みが消えた!?」と

実際はそんなことありません。。笑

聞けば、

この味わいは、
3代受け継がれる「麹」の味わいなのです。

白百合

この麹室が味を決めているのだそうです。
長年積み重なった「黒麹菌」
歴史の重みと共にこの部屋に詰まっていました。

水も関係しているのか?
と思ったのですが、石垣島の水質はどの酒造とも同じとのこと。

違いは代々受け継がれる「麹」にあったのです。

やはり実際に行ってみてお話を聞いてみないと分かりませんね。

白百合
白百合

「池原酒造」さんは次世代に向けた泡盛造りも様々探求しており、
こちらの商品も戦前の泡盛製法に使われていた伝統の「イヌイ菌」で仕込んだ泡盛だそうです。

定番「白百合」よりも濃厚で、力強い泡盛でした。

白百合
白百合

見学後は、お話を伺いながら試飲も楽しめます。
泡盛談議に花が咲きます。

ぜひとも石垣島にお越しの際はお立ち寄りください

そして、「白百合」ぜひ飲んでみてくださいね!



Twitterでフォローしよう

おすすめの記事